東京のITベンチャー界をざわつかせていた男が宮崎の大学講師に?

2616_main.jpg
cat_local
東京のITベンチャー界をざわつかせていた男が宮崎の大学講師に?
2018/07/27 (金) - 07:00
小御門 綾

今から5年前、東京のITベンチャー界をざわつかせていた男が故郷・宮崎に帰ってきました。現在は、宮崎大学・地域資源創成学部の講師として、大教室で、研究室で、時にはゼミの飲み会で、膝を交えて語り合い、学生たちを指導しています。その人は土屋有さん、38歳。Jターンしたきっかけ、「週末婚」を解消するまでの経緯、移住後の変化についてお話を聞きしました。

「かっこいい大人」を目指しITベンチャーへ

インタビュー場所は土屋さんの研究室。中からウクレレの音色が聞こえ、ドアを開けると浴衣姿の先生が。その日は1カ月に1回土屋ゼミで設けられている「着物デー」。彼自身が最近、着物に凝っていることに加え、学生たちに和服を着る機会がほとんどないこと、キャンパス内でアジア系の留学生が民族衣装を着ていることなどから、「俺たちも着物を着よう」とこの日を決めたといいます。

それにしても、髪を後ろで結わいた様子は、着物でなくても、大学の先生らしくない雰囲気。普段はちょんまげ姿に短パンで講義を行っている土屋先生、学内で学生に間違われることもしばしばあるそうです。

2616_sub1.jpg

土屋さんは宮崎県都城市出身。高校生の時に「ベンチャービジネス」という言葉を知り、「インターネットでベンチャービジネスをやりたい」と東京の大学へ。経営情報学、マーケティングを専攻しました。大学入学年の1998年は、「第3次ベンチャーブーム」の頃。96年にヤフージャパンがサービスをスタートし、アメリカのシリコンバレーにならう形で、渋谷を「ビットバレー」と呼び、多くの人がインターネットによる世界の変化を感じはじめていたときでした。

「僕にとっての『ベンチャー』は、かっこいい大人のイメージでした、純粋に。お金儲けじゃなくて、社会で何か新しいものにチャレンジして、大きな成果を出して、社会から評価されるような存在をベンチャービジネスだと思っていました。新しい仕組み、イノベーションを興すという存在です」

それに加え、無限の広がりや自由な未来を想起させるインターネットに可能性を感じていたといいます。

そんな土屋さん、学生時代にインターネット広告の会社に勤務し、学生の身分のまま取締役に。その後も「インターネットでベンチャービジネス」を実践し、数々の案件でマーケティングコンサルタントとして活躍。医療、介護業界の課題解決にインターネットマーケティングを使う仕組みを考え、起業も果たしました。まさに「有」言実行です。

2616_sub2.jpg

26歳の時に大学の同級生と結婚し、仕事もプライベートも充実した日々を送っていました。ご本人は当時を振り返り、こういいます。
「僕、調子に乗ってたと思いますよ。なんでもできるんじゃないかって思ってた気がしますね。ITベンチャーをやって、万能感を持っていたんでしょうね」

口蹄疫、東日本大震災、友人の「出馬」…

その頃、東京在住の宮崎県出身者が集まり、「みやざきわけもんフォーラム」を作ります。「わけもん」とは宮崎弁で「若者」の意味。宮崎を離れて10年近くが経ち、今の地元の姿を知りたくなった土屋さん。東京にいながら、宮崎と関われる方法を宮崎出身者同士で知ろうと、宮崎から東京に来る人にアポをとっては、その人を囲んで飲み会を開いていました。

初めは「故郷のために」という思いではありませんでしたが、それが一転したのは2010年の春。宮崎で発生した「口蹄疫」の流行がきっかけでした。牛、豚などが30万頭近く殺処分され、畜産県・宮崎は大打撃を受けました。

「あの瞬間にふるさとは宮崎だってハッと思ったんです。口蹄疫のニュースがテレビで報じられているのを見て涙が出る。自分のふるさとが傷つけられている、傷ついているという思いで。そのことに自分自身がびっくりして、週末に募金箱をもって東京ドームに立たせてもらったりしていました」

その後、2011年に東京で東日本大震災も経験。東京以外での生き方もあるのではないか、と考えはじめます。「ふるさと」「日本」そして、「自分の役割」について。
「僕らに何かできることはないのかと、僕らの存在意義に目が向いたのがこの頃でした」

2013年春、もう一つの出来事が起こります。それは「みやざきわけもんフォーラム」で一緒に活動していた、現・日南市長、崎田恭平さんの出馬表明。崎田さんが県庁職員で霞が関に出向しているときに知り合い、「公務員でこんなに頑張っているやつがいるんだ」と素直に感心したといいます。県庁をやめ市長選に出ると聞いたときは、周囲の他の人と同じように、「落選するかもしれないな」と思っていた土屋さん。それでも応援しようと、選挙運動の第一声に立ち会うために日南に出向きました。

そこで予定外に応援演説をした土屋さんに、まばらに集まっていた人たちの一人が「あんたたち、孫の世代が頑張って」と言い、握手を求めてきたのだそうです。

「その頃、『面白法人カヤック』という会社で仕事をしていて、鎌倉のマンションに住み、家庭菜園をやったり、近くの海に行ったりしつつ、六本木で遊んだりもしていて。楽しいし、おもしろかった。でも、『俺、こっちかも』って思ったんです。僕の居場所、こっちかも、宮崎かもと」

2616_sub3.jpg

鎌倉の自宅に帰ると、夫の「異変」を即座に妻は感じ取ったそう。「奥さんが僕の顔を見るなり、『目がキラキラしてる。なんかあった?』と」。妻とのこのやりとりによって、「これだ」と確信に変わり、宮崎に帰ることを決意します。

「奥さんが話を聞いてくれ、言語化されました。だから僕を後押ししてくれたのは、結局、奥さんのあきらめた顔でした」

「週末婚」解消のため妻へ本気の「プレゼン」

すぐに宮崎へ。コンサルティング会社を立ち上げ、2013年5月には宮崎のIT企業「アラタナ」に役員として迎えられます。当初は土屋さんだけが宮崎で暮らし、週末に鎌倉に戻る「別居婚」。妻は東京生まれの東京育ちで、会計のスペシャリストとしての仕事もあったため、これが夫婦のベストな選択に思われました。

けれど、しばらくして奥さんから「結婚している意味がわからない」と一言。さらに、「もう、わかった、行くよ」と。

彼女のその気持ちが変わらないうちに、なるべく早く宮崎に来てもらおうと、新居を探しつつ、「カモン宮崎」という妻への資料を作り、「ガチでプレゼンしました」。宮崎市のある街に引っ越した場合、どんな文化施設があるか、公園、ビーチ、スーパー、繁華街は何キロ圏内にあるかなど、写真とともに提示。内覧した物件の動画も撮影したそうです。

2616_sub4.jpg

思いは通じ、彼のJターンから3カ月後には妻も宮崎へ。納得して来てくれたわけですが、宮崎にいることをストレスに感じてほしくないという気持ちから、最初は宮崎‐東京のオープンチケットを冷蔵庫に貼り、「嫌だと思ったら、パッと飛行機に乗って帰っていいよ」と話していたそうです。そして、そのチケットは使われないまま、2年が過ぎ、今に至っています。

何かを捨てる必要はない、「and」がいい

土屋さんはこう言います。

「移住っていうと、『何かを捨てなきゃいけない感』があるのは、難しいと思っています。たとえば、大学に進学するときに上京するのと同じ感覚でいい。移住ではなくて、知らない土地で暮らしてみるという感覚。捨てるという選択をしてなくていいと思うんですよね。今までいた場所を離れることは、もう一つの住まいを持つというだけで、帰りたければ、いつでも元いた場所に帰ればいいんです」

そして、「orではなくandで」というキーワードを教えてくれました。どこかとどこか、何かと何かから一つを選ぶのではなく、あれもこれも選べばいいということ。東京か田舎かではなく、東京も田舎も、どちらも捨てずに選べばいい。同じように、今までのキャリアを持ったまま、これからの新しいキャリアも獲得していく。

「いま僕らが生きている時代は親が生きている時代とは違って、不確定要素が増えている。どちらか一方を選ぶ『or』という考え方では、サバイブする力が下がると思う。これからは応用力が必要だから、そのためには『and』がいい」

2616_sub5.jpg

若者の人生にかかわるという「おもしろさ」

実業の世界から、アカデミックの世界へ。東京でもMBAを取得した大学院で客員教授を務めていましたが、宮崎大学に「地域資源創成学部」が新設されることを知り、本業としての大学講師を目指すことに。

ベンチャーからの転身は意外なものに思えますが、実は、彼自身が18歳の時に何気なく思った「夢」が実現しているのです。

大学の授業で10年後の自分について考え、その時に何になっているかと問われ、書いた夢が「大学の先生」。そのために必要な3つのこととして「ビジネスで結果を出す」「研究をする」「社会からきちんと評価してもらう」と記しました。このことはすっかり忘れていたそうですが、無意識の伏線があったとは、人生の不思議を感じざるをえません。

土屋さんの所属する「地域資源創成学部」は、地域の抱えている課題を解決するため、地域産業の活性化、新しいビジネスの創出などについて学ぶところ。「実務家教員」を積極的に登用する同学部において、マーケティング、企業経営の専門家として教壇に立っています。マーケティングの基礎から、地域課題解決のためのビジネス開発、ソーシャルビジネスにおけるデジタルマーケティングの活用などについて講義し、学生たちのチャレンジを後押しする役目を担っています。

土屋さんが学生たちに向けるまなざしは、とても温かいもの。

「可能性を感じられる子たちと一緒にいられるというのは、本当にありがたいなと思っています。彼らがこれからどんな生き方をするかわからないけど、僕は彼らの人生にかかわっている。何かしらポジティブな影響を生みだすことができる。しかも、それが宮崎という地元であることがおもしろい」。地域資源創成学部の教員の中で、唯一の宮崎県出身者であることも、より思いを強くする理由なのかもしれません。

2616_sub6.jpg

宮崎で暮らすようになり、いちばん変わったことは何なのでしょうか。

「世界が身近に感じられるようになったこと。これは奥さんともよく話すんですけど、社会を身近に感じるようになった。自分たちが社会の一員だということを感じはじめたことがいちばん大きい。東京にいたときは、政治家を例にとると、都議会議員にも、区議会議員にさえ会わないし、区長もまったく知らないじゃないですか。それがこっちだと、市長が身近な存在で、会いに行こうと思ったら会えるし、関わろうと思ったら関わることができる。東京だと貧困問題といっても当事者じゃないから、正直わからない。でも、宮崎に帰ってきたら、友だちの友だちがそうだとか、感じられる。社会が小さくなった代わりに、僕らが関われる世界が多くなった。小さくなったことで感じる居心地の悪さもあるんだろうけど、手を出せる、知ることができる世界が広がったと見たら、これはすごくおもしろい」

そして、移住前に漠然と感じた「自分の役割」が、あちらこちらにあることを彼は実感しています。

「世界との距離が近くなった分、自分たちが社会の中でどういう役割を担えるかなと考える機会が多くなった。僕らが担える社会の役割はたくさんあるっていうことを気づくことができる、それを体感できるんです」

彼は「役割」を「スペース」「居場所」という言葉でも表現します。

「東京にいると、自分のスペースを作らなきゃいけないと思う。だって、ビジネスで結果を出さないと自分の居場所がないでしょ。でも宮崎にいると、正直言って、仕事ができなくても自分のスペースってできちゃうんですよね。存在しているだけで役割がある。存在していていいと認められているというか」

少子高齢化、人口減少を肌身で感じる地方にいると、30代でも40代でも若者として、求められる役割が非常に多い。このことは宮崎に限ったことではなく、どの地方に行っても多くの人が感じることかもしれません。

今回、宮崎に戻ってきたことで、「故郷とは何か、生き方とは何か、家とはなにか、家族とは何か」を考える機会になったと土屋さん。

彼の名前の「有(ゆう)」は、父親が付けてくれたもの。
「哲学を専攻していた父がデカルトの『コギト・エルゴ・スム(Cogito,ergo sum.)』、『われ思うゆえに、われ有り』から名付けたんだそうです」。

お父様は印刷会社を経営する傍ら、家には書庫があるほどの本好きで、地元のために青年会議所(JC)の活動をはじめ、町づくりや地域の文化活動にも深く携わっていたとのこと。若者を積極的に支援するその姿は、今の土屋さんに重なります。

2616_sub7.jpg

一昨年、彼が大学に着任して4カ月後に亡くなったお父様。生前、息子が大学講師になったことを人一倍喜んでいたそうです。そのお父様もまた、大学進学のために上京し、人生の伴侶を見つけ、故郷に連れて帰ってきた過去があったとは、これもまた不思議なものです。

研究者として地道に学問を追求し、それを伝える傍ら、「最初の一歩を踏み出すのはノリだ」と学生に発破をかける土屋さん。軽やかな外見、生き方の土台に、冷静に物事を見つめる目と確固たる信念を感じました。

profile_tsuchiyayu.jpg

国立大学法人宮崎大学 地域資源創成学部 講師

土屋 有(つちや ゆう)さん

1980年宮崎県都城市生まれ。私立都城高校卒業後、大学進学のため東京へ。在学中から、インターネット広告の会社に勤務し、取締役に就任。その後もITベンチャー企業数社で役員を務め、ウェブ制作会社「面白法人カヤック」では事業部長に。在職中に多摩大学大学院でMBAを取得し、修士論文で学内の「優秀論文賞」を受賞する。宮崎に戻り、「アラタナ」執行役員を経て、現職。

小御門綾

小御門 綾

編集者/ライター
福岡県生まれ、神奈川県川崎市育ち。宮崎県在住。
明治学院大学卒業後、メーカー勤務。その後、出版社勤務を経て、フリーランスの編集者、ライターに。現在、「日向経済新聞」(みんなの経済新聞ネットワーク)、「miyazaki Blue」の編集長を務め、宮崎から情報を発信する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FEATURE

特集

サムネイル
サムネイル
サムネイル