「書く」仕事で独立するのは可能?未経験で就く方法とは

2371_main.jpg
cat_independence
「書く」仕事で独立するのは可能?未経験で就く方法とは
2018/05/02 (水) - 07:00
渡部 幸

ネットで多くの情報を「読む」ということがあらゆる場面で多くなった現代、文章を「書く」というスキルを使っての仕事が一層求められるようになってきています。今回は、未経験からそういった仕事に就くためにはどのような方法があるか、紹介します。

求められている仕事とは

まず、いまどのような「書く」仕事が求められているのでしょうか。多く求められているのは「ライター」の仕事です。書く、といっても小説などを書くわけではなく、記事を書く仕事ということです。ライターの仕事をイメージすると、雑誌の出版社や新聞社などでの紙媒体を扱う企業での仕事がまず思い浮かぶかもしれません。そういった場所でも多くのライターが求められており、従来からそれは変わらない部分ですが、現在より多く求められているのはWEBサイトの記事を書く仕事です。

あらゆるものをインターネットで検索するようになっている時代、多くの人に読んでもらえるようにたくさんのサイトで記事を掲載しています。また、各企業や団体はまずホームページをもっていますので、その内容を「書く」人が必要です。正社員など企業に雇用される形ではなく、フリーのライターとして記事を書く仕事をそのプロジェクトごとに発注されるという形で請け負うものは非常に多くなっているのです。

未経験で仕事に就くためには

では、未経験からその仕事に就くことはできるのでしょうか。結論からいうと、「可能」ということになります。現在はクラウドワークスやランサーズなど、インターネットのクラウド上で、仕事を請け負ってくれる人に対しての発注の仕組みが多くあり、定着してきています。仕事のやり取りはネットやメールを通して、また、必要であればテレビ電話などを通じて行うことができるので、離れた地域に住んでいても仕事をすることが可能です。

私の知り合いのある東京在住の経営者が「書いて欲しい内容を録音し、クラウドで知った未経験四国在住の人に依頼して記事を作成してもらった」といっていました。書く仕事の経験がなくても、まずはこういった場所に登録し、小さな仕事でも請け負って行ってみるとよいでしょう。

仕事を得るための努力をする

もちろん、記事を書くには、相手に分かりやすく伝える文章力、構成の力も必要です。未経験から始める場合は、「文章を書く」練習も兼ねてブログで日々書くことを続けるのもよい方法です。たくさんの文章の書き方の書籍が発行されていますので、参考に読んでみて、早速実行するとよいでしょう。やってみると、どうやって題材を探すのか、自分が書きやすいこと、書けることは何か、なども分かってきます。自分の強みの分野で人に教えることができそうなものがあれば、まずはそれをブログに書きためていくようにするとよいでしょう。

自己アピールも大切

また、クラウドに登録する際には、アピールも必要です。自分が専門的に携わってきたことや、趣味でも非常に詳しいことについて書くほうが仕事になりやすいので、登録する際には、自分の強みをきちんと明記するようにしましょう。いままでの仕事や生活のなかで、何か「書く」という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

・会社で社内に出しているイベントのお知らせの文章を作成していた
・自社の企画書を多数作成していた
・自分の仕事の専門分野のマニュアルを多数作成していた

など「書く」ことについて何かしらの経験があれば、その分野と作成した物についての説明を登録内容の「自己紹介文」に載せておくようにします。

ブログなどを書いている人は、ブログのURLや、どのぐらいの文字数をどのぐらいの時間で作成することができるか、いままでに何記事ぐらいを書いたか、などを伝える方法もあります。クラウドを使う発注者は、いままでの仕事の経験やスキルと、納期までに完成してくれるかどうかからどの人に仕事を依頼しようか考えます。ライターとして書いたことがなくても、行ったことがある経験はぜひ伝えるようにし、小さな仕事でも実施したことを重ねていくようにすると仕事の依頼をもらいやすくなるでしょう。

軌道にのるまでは続けることがポイント

このように、「書く」仕事は今後も増えていくことが予想されますし、未経験でも仕事として行うことは可能といえます。ただ、正社員ではなく、フリーのライターとして仕事を請け負うことのほうが多いのも事実なので、安定した収入を得るには、依頼先からの信頼を得て、仕事の発注が続くようになっていかないと難しいでしょう。経験を積み重ねれば、自分からWEBサイトを制作している会社や、出版社などに売り込むこともできるようになっていきます。軌道にのるまでは副業として行うことになるかもしれませんが、「書く」を続けていくことが仕事を成功させるポイントなのです。

watabemiyuki

渡部 幸

キャリアコンサルタント
コーチ
アクトクリア代表

青山学院大学卒業後、営業統括、アパレル業人事マネージャーなどを経て独立。7000人以上の就職転職相談に携わり、6000人以上の学生のエントリーシート添削実績を持つ。キャリアデザイン、コミュニケーション力などのセミナーを多数開催。転職や離婚、不妊治療などの経験も糧に産業カウンセラー、NLPトレーナーとしてモチベーションを保ちながらやりたい仕事に就ける支援が強み。近著に電子書籍「辞めない転職・幸せな適職探しのための四つの秘訣」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FEATURE

特集

サムネイル
サムネイル
サムネイル